植物

伐採して大きなお庭に|色々な庭の楽しみかた

深い根に

作業員

木は地下深くに根っこを張る事で知られています。その根っこの力は強く、強風や大雨でも倒れる事が無いように地下の土をまるでつかむ様にビッシリと張りめぐらします。大木になればなるほど根っこの力を強くなります。そんな木の根っこを引きぬかなければいけない時もあります。それは道路の整備や建物の建造等が主に挙げられるでしょう。しかし深く深く張り巡らされた大木の根っこは簡単に抜ける物ではありません。なので様々な抜根方法が行われます。時にはダイナマイトを利用し根っこを破壊することもあるといいます。また、自宅に庭に生えた木を抜根したいという人もいるでしょう。お庭の雰囲気に合っていない木を取り除きたいと考える人は多いです。また伐採しても抜根しなければ意味がありません。痛々しく切り株が残るだけで余計にその見た目を悪くします。こういった抜根作業は造園会社に任せましょう。造園会社では様々な抜根方法をおこなって最も適した根っこの除去を行なってくれるでしょう。抜根には、スコップやクワ、チェーンソーを利用して手掘りで取る方法もあります。こういった方法は時間がかかるため、完全に抜根を終了するために数日かかる可能性もあります。また、切り株の上に三脚を組んで、手動抜根機で上に引っ張りだすという方法もあります。また、トラクターなどの馬力のある車を使って引き抜くという方法もあります。こういったトラクターを持っているという人は個人でも引き抜く事が可能でしょう。しかし、根の深さを考えないと大きな事故の原因にもなるため注意が必要です。